Sample Club

YTVよみうりテレビ

以前は、日本テレビの裏をローカル枠に変えてタイガース戦を中継していたが、 今は日テレの中継がほとんどなくなり、よみうりテレビの中継も激減。生粋の虎キチ・諸國沙代子アナを活かせていない。

そもそもが21時までに中継が終了してしまうため、評判は良くない。 中継スタイルはオーソドックスだが、少し画面が暗めに見える。

かつては「週刊トラトラタイガース」なるタイガース番組をレギュラー放送し、 情報提供量は関西圏のテレビ局でも随一だったが、2005年3月で終了。 前述のように中継も少なくなったため、実況アナウンサーの技術低下も著しく、 テコ入れが必要な状況になっている。

川藤幸三

川藤幸三
経歴 阪神
解説スタイル 阪神100、他はゼロの川藤節は今も健在。もはや解説者の体をなしていないが、阪神ファン代表としてこのまま突っ走ってほしい。 YouTubeでは小山正明や江夏豊、藤田平らレジェンドを招き、昔話しているが、おじいちゃんならではの「最近の若いもんは」という愚痴が目立つ。 いつまでも明るく朗らかなカワトーさんでいてほしい。
キーワード アイスキャンデー欲しさに野球始める。若いころは俊足。アキレス腱やってからは代打稼業。「カワトー出さんかぇ!」。春団治はもともと大阪なのに、ついた異名は「浪花の春団治」。オールスターで左中間を抜くあたりを打ち、走塁中足がもつれそうになるも、1塁ベースコーチの王がぐるぐる腕を回していたので2塁を狙い、アウトになる。生涯安打数211本。イチローに1年で追いつかれかけたことを講演会のネタにしている。情報番組「週刊トラトラタイガース」では遥洋子との異色コンビが人気に。 順位予想は常に1位が阪神、最下位は巨人。 同期入団の旧友・中村勝広に呼ばれ現場復帰。 1年目は外野守備走塁コーチとしてノックの打球を次々とスタンドに放り込む。2年目は総合コーチというよくわからない肩書になり、河野旭輝チーフコーチとの確執を生むなどして、この年限りで退団。「阪神タイガース再建白書」なる巻き物をしたため、三好一彦球団社長に直談判。 若手にどんぶり飯をたらふく喰わせて、胃から潰す。モルツ球団のCMに登場し「ほんまに出してどないすんねん」。OB会会長。 発言したフレーズを収録したサンプリングCDが発売される。 球団から藤川球児奪還の命を受け、高知に赴き「お前が切るべきユニフォームは阪神のユニフォームや」と説得する。 脳腫瘍のため志し半ばで引退した横田慎太郎の後見人になる。